金融商品の選び方について

金融商品は色々なものがあります。預金や保険、株式、投資信託、国債などお金を運用するようなものがそうです。 資産運用をする時には、資金の性質や自分のライフスタイルによって選び方があります。 しばらく使う予定のないお金なのか、何年後には使う予定が決まっているお金なのかによって、選ぶ金融商品が違ってきます。例えば、余裕資金で特に不足の自体が起こらない限り必要のないお金なら、ハイリスク、ハイリターンのものへ投資できます。また、5年後には家を買う予定の資金で、今は必要ないのお金なら、国内の債券など満期が決まっているものなどの投資があっています。

金融商品に関する知識を得る

金融に関する知識は、低金利の時代でとても大切になります。金融商品には様々な特徴があり、投資をする時はそうした特徴を意識することが大切になります。それぞれのリスクは異なりますし、期待できるリターンも異なります。リスクが高い商品はそれだけリターンが高いという特徴があります。投資をする時は、こうしたリスクとリターンの関係を知る必要があります。投資をする時は金利を意識することも大切になります。預貯金以上の金利をいかに得るかが、投資では重要なこととなります。様々な知識を得ることで、投資で利益を得る確率を高めることができます。

↑PAGE TOP

Copyright © 金融商品とは何があるのか All rights reserved