金融商品の国債について

金融商品の国債とは、日本が発行する債券のことです。利子や満期のときの元本は、日本が保証します。なので、元本は日本が潰れない限りは、満期のときに満額返ってきます。 国債は、金融商品なのでリスクもありますが、ある意味銀行で定期預金をするよりも安全と言えます。日本が潰れる時は、日本の銀行も危なくなっている可能性が高いからです。ただし、普通預金のように流動性はありません。満期まで持たずに途中で解約したい時は、元本割れをするリスクがあります。銀行の利子よりも良かったりするので、しばらく使う予定のないお金なら、資産運用としてちょうどいいです。

金融商品とは何かについて

金融商品は、色々なものがあります。株式や投資信託、外貨預金、国債のような債券、保険もそうです。こういった資産を運用するようなものがそうです。 お金は、銀行で普通預金や定期預金にして預けっぱなしにしがちです。リスクを分散するためにも、資産は色々な金融商品に振り分けて置いておいたほうがいいです。また今は、年金なども十分貰えなかったりするので、そのためにも資産は運用しておいた方がいいです。 夫婦二人が年金だけで平均的な生活をしようとしても、今の平均的な年金の金額では足りません。色々と早めの財テクが必要になってきます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金融商品とは何があるのか All rights reserved