金融商品の外貨について

金融商品には色々なものがあり、外貨もその一つです。外貨といっても投資の仕方は色々です。外国通貨の債券や、預金、MMFなど色々なものがあり、金融商品としての性質も違います。 共通して言えることは、為替リスクがあり、購入する時に為替手数料がかかります。また、金利が日本より良いものがあるので、保有しているだけで金利収入があります。 なによりも資産を円で保有しておくだけでなく、他の国の通貨に分散して持つことは、リスク分散にもなります。日本は、低金利なのでお金を銀行に預けているだけでは、ほとんど利子はつきません。老後の資産運用にもなります。

お金に関係しているのが金融商品

世の中には実に様々な品物が販売されていますが、実際に目に見えて手に取ってみることはできなくても、お金に関係しているものも販売されています。それが金融商品というものです。たとえば資産運用や投資関連のものだけに限定して考えても、株式や外国為替証拠金取引、それに銀行などの預貯金もまた、れっきとした金融商品の一種なのです。それらは宝石などの貴金属のような品物ではありませんが、それでも非常に価値のあるものなのです。ただし投資の場合は上手くゆけばお金を殖やせますが、上手くゆかないと逆にお金を減らしてしまうことになりますので気を付けましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金融商品とは何があるのか All rights reserved