金融商品の預金の種類について

預金も金融商品の一つです。一番馴染みがあるのが円で預けることですが、外貨で預けるものもあります。外貨で預ける場合は、為替リスクや預ける時に為替手数料がかかりますが、円で預けるよりも金利がいい場合があります。外貨預金は、他の金融商品に馴染みのない人でも、始めやすくなっています。短期で値上がりを期待してやるものではないので、短期の経済情勢に一喜一憂する必要はありません。円で定期をする時も、ある程度長期でお金を寝かしておくのと同じです。金利を貰いながらじっくり保有するので、忙しい人でもやりやすいです。

いろいろな金融商品に手をだす

多数の金融商品を買うことで、利益を確実に出していくことは必要です。まずは、一点にこの会社の株だけを買うとかということは基本的にはやめたほうがいいです。それは、その会社がなぜそんなに信用できるのかという疑問が浮かばないほうがなぞなのです。いつその会社がやめられてしまい、上場廃止なるかどうかなんてわからないことなのです。第一、一株あたりの金額がとても安い株に関してはマネーゲームの一つでしかない場合も多いのです。なので、株であれば、基本的には数はの株などをもつなどしましょう。さらにはいろいろな金融商品に手を出してみましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金融商品とは何があるのか All rights reserved